消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

文部科学省が慶応大学にも去年、違法天下りか

2017年02月13日 | 官庁の不正。汚職
文部科学省が慶応大学にも去年、違法天下りか

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

文部科学省が組織的に天下りを行っていた問題で、慶応大学にも去年、退職した元幹部が再就職していたことが関係者への取材でわかりました。
再就職にあたっては、人事課のOBを仲介させていたということで、文部科学省の調査チームは違法な天下りを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあるとみて、調べています。

一連の天下り問題をうけて、文部科学省は、外部の有識者を交えた調査チームを設置して、天下りの規制が強化された平成20年以降に大学などに再就職したケースが違法でないか、調査を進めています。
こうしたなか、去年3月に退職した元幹部がおよそ2か月後に慶応大学の参事に再就職した時に文部科学省の組織的な天下りを仲介していた人事課OBの嶋貫和男氏のあっせんを受けていた疑いがあることが、関係者への取材で分かりました。
このOBは文部科学省の人事課から提供された元幹部に関する情報をもとに、慶応大学の人事課と再就職にむけたやりとりをしていたということです。
この再就職については、すでに辞任した前川前事務次官や、当時の人事課長も了承していたということです。
再就職した元幹部は、私立大学への助成金などを担当する私学助成課長などを経て、去年3月退職していました。
一連の問題では、すでに早稲田大学に再就職した元高等教育局長のケースを始め、あわせて10件が天下りのあっせんを禁じた国家公務員法に違反するとされていて、調査チームでほかにも違法なケースがないか、調べを進めています。

これについて慶応大学は「文科省OBの嶋貫氏の情報提供をうけて、去年6月に文科省の元職員を、所定の手続きを経た上で採用しました。採用の仕方に問題があったとは考えていませんが、文科省の調査には協力していくつもりです」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「文科省 慶大にも違法天下りか」  2017年2月13日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加重収賄の元警察職員裁判結... | トップ | 東京都の江東5区が、洪水や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事