消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

警部補がエンジンをかけたままのミニパトカーを盗んで高速を逃走。岡山県警

2016年09月15日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警部補がエンジンをかけたままのミニパトカーを盗んで高速を逃走。岡山県警

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

15日午後4時前、吉備中央町で警察官から職務質問されていた58歳の男が突然、近くにとめてあったミニパトカーに乗って逃走しました。
男は約40キロにわたってミニパトカーで逃走し、警察に盗みの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、自称、香川県綾川町の無職、穴吹和彦容疑者(58)です。
警察によりますと、穴吹容疑者は15日午後4時前、吉備中央町の国道沿いの駐車場でレンタカーに乗ったまま警察官数人から職務質問を受けていた際、突然、車を降りて近くにとめてあったミニパトカーに乗り込み逃走しました。
穴吹容疑者は吉備中央町の賀陽インターチェンジから岡山自動車道に入り、40キロほど赤色灯をつけたまま高速道路を走りました。
そして、ミニパトカーのタイヤがパンクして総社市の岡山総社インターチェンジ付近でとまったところ、追跡してきた警察に盗みの疑いで逮捕されました。
穴吹容疑者は調べに対し「むしゃくしゃして腹が立ってパトカーを盗んで逃げた」と供述し、容疑を認めているということです。
盗まれたミニパトカーは岡山北警察署の58歳の警部補が運転していたもので、盗まれた当時、ミニパトカーはエンジンがかかっていたままだったということです。
岡山北警察署は「現場で対応する際にこうした事案が起きないよう対策を再度徹底する」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「盗難のミニパトカー高速を逃走。岡山」  2016年9月15日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職員の求めに応じ、市立病院... | トップ | 女性客8人のスカートの中を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事