消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「仮眠時間も労働時間」と認定 千葉地裁が賠償命じる判決。流通大手イオンの商業施設の警備子会社

2017年05月17日 | 議員ホームページ一覧
「仮眠時間も労働時間」と認定 千葉地裁が賠償命じる判決。流通大手イオンの商業施設の警備子会社

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

流通大手イオンの商業施設などで警備にあたるグループ会社の社員が、夜間の仮眠時間にも実際には業務が続いているのに、残業代が支払われていないなどと訴えた裁判で、千葉地方裁判所は仮眠時間を労働時間と認め、残業代などおよそ180万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。
この裁判は流通大手イオンの商業施設などで警備にあたるグループ会社「イオンディライトセキュリティ」の社員、中村孝さん(52)が、夜間の仮眠時間にも実際には業務が続いているのに残業代が支払われていないなどと訴え、残業代およそ100万円に慰謝料を合わせた総額600万円余りの賠償を求めたものです。

17日の判決で、千葉地方裁判所の小濱浩庸裁判長は「仮眠時間も労働からの解放が保障されているとは言えず労働時間にあたる」と指摘し、残業代のほぼ全額と慰謝料の一部、合わせておよそ180万円の賠償を命じました。

判決のあと原告の中村さんは記者会見し「警備業界では同じ境遇で働く仲間が大勢いる。会社は判決に真摯(しんし)に向き合ってほしい」と話しました。一方、会社側は「判決内容を確認し適切な対応を取っていきたい」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「「仮眠時間も労働時間」と認定 千葉地裁が賠償命じる。流通大手イオン」  2017年5月16日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浸水想定の地図を全河川で作... | トップ | 気象庁が、大雨や洪水などの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む