消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

小学生が津波防災マップ作り。高知県四万十町の興津小学校

2016年10月29日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
小学生が津波防災マップ作り。高知県四万十町の興津小学校

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

南海トラフ巨大地震に備えて、避難する際に危険な場所などを地図にまとめた防災マップ作りが28日、四万十町の小学校で行われました。
この取り組みは南海トラフ巨大地震に備えて、四万十町の興津小学校と京都大学防災研究所が去年から行っているもので、ことしは5年生と6年生の児童9人が京都大学の学生と一緒に行っています。
28日は、子どもたちが今月上旬に町内を歩いて確認した、避難の際に危険だと思われる場所などを地図にまとめました。
子どもたちは、街灯が少ない暗い路地を黒く塗ったり、崖崩れが心配される場所や避難場所に実際の写真を貼り付けたりして防災マップを作っていました。
この防災マップには、夜に避難する場合に危険な場所の写真を貼った黒いフィルムも付けられていて、地図に重ね合わせると、夜の避難で危険な場所が確認できるような工夫もされています。
6年生の男子児童は「とてもいい防災マップが完成したので、地域の人たちに役立ててもらいたいです」と話していました。
完成した防災マップは来年2月ごろ、地域の人にお披露目したあと、印刷して地域のすべての世帯に配布する予定だということです。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「小学生が防災マップ作り。高知」  2016年10月28日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はごろもフーズ」の缶詰に... | トップ | 熱海市職員が生活保護費15... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事