消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

民主党富山県連の使途不明金4500万円。政党交付金

2016年10月12日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
民主党富山県連の使途不明金4500万円。政党交付金

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

当時の民主党富山県連が、印刷代などを政党交付金で支払ったと報告しながら、実際には支出がなく、使い道が不明になっている疑いがある問題で、こうした使途不明金は、去年までの6年間で4500万円を超えることが民進党本部の調査で分かりました。
これは11日、富山市内で会見した民進党組織委員会の佐々木隆博委員長が明らかにしたものです。
この問題は、当時の民主党富山県連が印刷代や車のレンタル代金などを政党交付金で支払ったと使途報告書に記載しながら、実際には、発注も支払いもなく、その分の使い道が不明になっている疑いが出ているものです。
民進党本部が調べたところ、民主党富山県連が去年までの過去6年間に受け取った政党交付金、約1億5000万円のうち4525万円余りは実際には支出されていなかった疑いがあるということです。
このうち、▼チラシやポスターの印刷代の3942万円余り、▼車の修理やレンタル代金などの408万円余りについては白紙の領収書に金額を書き込んで架空に請求したり、領収書に数字を書き足して金額を水増ししたりしたとみられるということです。
佐々木委員長は「政治改革に取り組んできた政党として許せない行為で、有権者に心からお詫びしたい。会計担当が、一部の人間に限られていたことが問題の背景にあると考えられる。今後、全容の解明を進めたい」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「民主県連使途不明金4500万。政党交付金」  2016年10月11日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県の出先機関(標高3M)を... | トップ | 超小型電気自動車で実験へ。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む