消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

警察官が居眠りし、調べの男が取調室から逃走。千葉県警

2016年11月05日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警察官が居眠りし、調べの男が取調室から逃走。千葉県警

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

先月、千葉県の浦安警察署で盗撮の疑いで調べを受けていた30代の男が、警察官が居眠りをしたすきに取調室から逃げ出していたことが警察への取材でわかりました。
男は直後に中学校の屋上から飛び降りて大けがをしていて、警察は回復を待って改めて取り調べるとともに対応に問題があったとして調査しています。
警察によりますと、先月22日、浦安市の観光施設で女性のスカートの中をカメラで盗撮しようとしたとして30代の男が浦安警察署で取り調べを受けていたところ、40代の警察官が居眠りをしたすきに取調室から逃げ出したということです。
取調室には、当時、2人の警察官がいましたが1人が書類作成のために部屋から出ていて、40代の警察官だけになっていたということです。
取調室には鍵はかかっておらず、男は警察署のトイレの窓から外側の階段を伝って逃げたということです。
その後、男は、およそ250メートル離れた中学校の屋上から飛び降り、骨を折る大けがをして倒れているのが見つかりました。
警察は回復を待って改めて取り調べることにしています。
また、居眠りをした警察官は「うとうとしてしまった」と話しているということで、警察は対応に問題があったとして調査しています。
千葉県警察本部は「再発防止に向けて指導を徹底したい」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「警察官が居眠り 調べの男逃走。千葉県警」  2016年11月5日
  クリック 

  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いじめ訴え自殺を、学校側が... | トップ | 男性死亡の会社と役員書類送... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事