消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

ジェットコースター「ウルトラツイスター」が人身事故。岡山県倉敷市の遊園地「鷲羽山ハイランド」で、

2017年08月13日 | 子供・おとな安全
岡山県倉敷市の遊園地「鷲羽山ハイランド」で、ジェットコースター「ウルトラツイスター」が人身事故

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見
2節ニュースの
「大きな音を聞いた係員が緊急停止ボタンを押して走行を止めた。」
ために
「背中に軽いやけどをした」程度のけがで済んだ。
「係員が緊急停止ボタンを押」さなかったら、転落して、重賞や、死亡の事故になった可能性が高い。

4節ニュースは
「年に1度、車両の検査を行っているほか、毎朝、目視で安全装置に問題がないかなどを点検」
と書いてあるが、「毎朝、目視はどんぶり勘定の検査になりやすい。」

2節ニュースには
「バーと車両の接続部分のボルトがとれて反対側に負荷がかかって折れ、ゴール付近の足場に落下したらしい」とある。
「どの部品は、耐用年数~年」と定めて、「耐用年数が来た部品は交換する」対策もある。

  2節。 ニュース。
======================================
コースターの安全バー外れ1人やけど 岡山の遊園地

朝日新聞   2017年8月12日
  クリック 

 岡山県倉敷市の遊園地「鷲羽山(わしゅうざん)ハイランド」で12日午後1時半ごろ、ジェットコースター「ウルトラツイスター」の安全バーが外れ、乗っていた千葉県市川市の男性会社員(38)が背中に軽いやけどをした。

 岡山県警によると、コースターは85度の急勾配を走る乗り物。ゴール手前で後ろ向きに走行中に男性の体を押さえていた安全バーが根元から外れ、姿勢を崩した男性が施設の一部と接触してやけどをしたとみられる。バーと車両の接続部分のボルトがとれて反対側に負荷がかかって折れ、ゴール付近の足場に落下したらしい。大きな音を聞いた係員が緊急停止ボタンを押して走行を止めた。

 コースターには男性のほかに4人が乗っていたが、けがはなかった。同園は毎朝、安全点検をしているといい、県警が事故原因を調べる

====================================
  3節。ニュース。
ジェットコースターの安全バー外れ 1人けが。岡山県倉敷市の「鷲羽山ハイランド」

NHK   2017年8月12日 18時28分
  クリック 

12日午後、岡山県倉敷市の遊園地で、ジェットコースターの安全バーが走行中に突然外れ、乗っていた男性が背中に軽いやけどをしました。

警察によりますと、12日午後1時半ごろ、倉敷市にある遊園地、「鷲羽山ハイランド」で、「ウルトラツイスター」と呼ばれるジェットコースターの上半身を固定する安全バーが、走行中に根元から突然外れました。

従業員が異音に気づいて緊急停止させましたが、この事故で家族連れで訪れていた千葉県市川市の38歳の会社員の男性が、背中に軽いやけどをしました。

ジェットコースターには当時5人が乗っていましたが、男性以外の客にけがをした人はいませんでした。

遊園地のホームページによりますと「ウルトラツイスター」は、85度の勾配から急降下するほか、左右にひねったり、進行方向が入れ替わったりするジェットコースターで、「最後まで息のつけない絶叫マシンです」と記されています。事故の後、遊園地ではこのジェットコースターの運転を取りやめたということです。

警察は、遊園地の関係者から話を聞くなどして、当時の状況を調べています。
===============================================
   4節。ニュース。
ジェットコースター 安全点検求める声

NHK   2017年08月13日 12時21分
  クリック 

12日、倉敷市の遊園地にあるジェットコースターで走行中に安全バーが外れ、1人がけがをした事故で、13日、遊園地を訪れた人からは「安全点検をしっかりしてほしい」といった声が聞かれました。
倉敷市にある遊園地、「鷲羽山ハイランド」では12日、「ウルトラツイスター」と呼ばれるジェットコースターの、
上半身を固定する安全バーが走行中に根元から外れ、
乗っていた38歳の男性が背中に軽いやけどをしました。
遊園地は13日も営業していますが、事故が起きたジェットコースターは、当面の間、運転を取りやめるということです。
小学生の子どもを連れて香川県から訪れた41歳の男性は「子どもがこのジェットコースターに乗るのを楽しみにしていたのでとても残念です。安全点検をしっかりしてもらいたいです」と話していました。
運営会社の話によりますと、このジェットコースターは年に1度、車両の検査を行っているほか、毎朝、目視で安全装置に問題がないかなどを点検していますが、きのうも異常は確認されなかったということです。
警察は遊園地の関係者から話を聞くなどして、なぜ安全バーが外れたのかなど事故の詳しい状況を調べています。
=========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山市の火葬場新設問題。(... | トップ | ジェットコースターの点検中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事