消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

七尾市議会が政務活動費公開へ。領収書は議会事務局で閲覧。石川県

2016年11月08日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
七尾市議会が政務活動費公開へ。領収書は議会事務局で閲覧。石川県

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

全国の地方議会で、政務活動費の不適切な使用が相次ぎ、厳しい目が向けられる中、七尾市議会では、来年から政務活動費の収支報告書の一覧をインターネットで公開し、透明性を高めることになりました。
これは、7日開かれた七尾市議会の全員協議会の中で決定されました。
七尾市議会では、議員1人あたりに年間で最大36万円の政務活動費が支払われていますが、これまで情報公開請求が無い限り、収支報告書は公開していませんでした。
これについて、使い道の透明性を高めるため、今年度分の報告書の一覧を、来年8月に、市のホームページや各世帯に配られる「議会だより」で公開することになりました。
これによって、議員や会派が、どんな項目にいくらの費用を使ったかが分かるようになるということです。
政務活動費の収支報告書は、加賀市とかほく市、それに津幡町の議会がすでにインターネットで公開していて、県議会でも公開が検討されています。
さらに、七尾市議会では議員や会派が提出する領収書などの資料について、ネットでは公開しないものの、来年8月から議会事務局で閲覧できるようになります。
七尾市議会の桂撤男議会運営委員長は「政務活動費の情報を積極的に公開することで、開かれた議会を目指していきたい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「七尾市議会が政務活動費公開へ。」  2016年11月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防災DVDを学校に贈呈。徳島 | トップ | 岡崎市議会が政策調査視察廃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事