消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

成果型労働制。首相と連合、思惑一致。戸惑い広がる民進

2017年07月23日 | 労働者の権利
成果型労働制。首相と連合、思惑一致。戸惑い広がる民進

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


==========================
成果型労働制。首相と連合、思惑一致。戸惑い広がる民進

毎日新聞2017年7月14日
  クリック 


政府と連合が13日、「高度プロフェッショナル制度」の導入に向けて歩み寄ったのは、
「働き方改革」の具体化で政権の再浮揚を目指す安倍晋三首相と、労働政策で存在感を示したい連合の思惑が一致したためだ。

神津里季生会長は制度容認を「方針転換ではない」と繰り返したが、安倍政権の助け舟になったのは間違いない。

一方、「蚊帳の外」に置かれた民進党には戸惑いが広がっている。

2012年末の第2次安倍内閣発足後、首相が経済界に直接、賃上げを要請する「官製春闘」が定着した。
民進党が低迷する中、連合は安倍政権に接近。

首相と神津氏が4月、首相官邸で長時間労働是正などについて会談した際には、神津氏は「事実上の(定期的な)政労会見だ」と歓迎した。
高度プロフェッショナル制度を巡る今回の合意は、こうした経緯の延長線上にある。

 報道各社の世論調査で内閣支持率の下落が止まらず、安倍政権は焦りを強めている。

秋の臨時国会で残業時間の上限規制などを含めた法改正を実現するには、
民進、共産両党が「残業代ゼロ法案」と批判してきた高度プロフェッショナル制度に  連合の協力を得る必要があった。

首相官邸幹部は「民進党は連合の意向を無視できない」と述べ、連合が容認に転じれば、民進党も政府案に乗らざるを得ないとの見方を示した。
 神津氏は会談後、高度プロフェッショナル制度の改善を3月末から政府に求めていたことを明らかにした。

しかし、民進党にとっては寝耳に水。
連合の制度容認が事前に報じられると、大串博志政調会長は「民進党は即座に賛成とはならないのではないか」と困惑した。

 神津氏は13日、首相との会談を前に蓮舫代表に電話し「コミュニケーション不足だった」と陳謝した。【松倉佑輔、影山哲也】

======================================================

「残業代ゼロ」容認。「働く人守れない」過労死遺族ら反発

毎日新聞   2017年7月14日
  クリック 
=========================================

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「残業代ゼロ」「高プロ」を... | トップ | 柳井市の嘱託員が、徴収した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む