消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

通帳の金額改ざんで不正隠しか。成年後見人(徳島県社会福祉士会の元副会長)が横領

2016年11月12日 | 無実市民の有罪判決を防ぐ
通帳の金額改ざんで不正隠しか。成年後見人(徳島県社会福祉士会の元副会長)が横領。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

徳島県社会福祉士会の元副会長が、成年後見人を務めていた男性の現金を着服したとして逮捕された事件で、元副会長が家庭裁判所に業務を報告する際、パソコンのソフトを使って金額を改ざんした、通帳のコピーを提出していたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は不正を隠そうとしたものとみて詳しく調べています。
徳島県社会福祉士会の元副会長で、つるぎ町に住む山下夏樹容疑者(49)はおととし、成年後見人を務めていた60代の男性の口座からおよそ150万円を勝手に引き出して着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕され、11日に検察庁に送られました。
成年後見制度は、認知症などで判断力が十分ではない人に代わって、家庭裁判所から選ばれた弁護士や親族が財産の管理などを行いますが、定期的に家庭裁判所に通帳のコピーを提出するなどして、業務を報告することが義務づけられています。
ところが、その後の調べで、山下元副会長は、通帳の内容をパソコンにいったん取り込み、ソフトを使って金額を改ざんしたコピーを作り、家庭裁判所に提出していたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
警察は不正を隠そうとしたものとみて詳しく調べています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「通帳の金額改ざんで不正隠しか」  2016年11月11日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巡査を、酒気帯びで懲戒免職... | トップ | 携帯電話やスマホでイジメの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む