消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

県職員セクハラ行為で減給処分。滋賀県庁。女性の太ももなどを触ったり、卑わいな言葉

2017年07月15日 | 官庁の不正。汚職
県職員セクハラ行為で減給処分。滋賀県庁。女性の太ももなどを触ったり、卑わいな言葉

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

県企業庁の水道事業を担当する職員が、
同僚の女性の太ももを触るなどのセクハラ行為をしていたとして、
減給10分の1、6か月の懲戒処分を受けました。

処分を受けたのは、県企業庁で水道事業を担当する51歳の副主幹です。
県によりますと、副主幹は、おととし6月から去年9月までの間に、当時同じ職場の後輩の女性と2人きりになった際、女性の太ももなどを触ったり、卑わいな言葉をかけたりしたということです。
女性がセクハラの被害を申し立て、発覚したということで、県の審査委員会で副主幹は、「不快に感じさせ、申し訳ない。反省している」と認め、県はセクハラと認定し、副主幹を減給10分の1、6か月の懲戒処分としました。
県企業庁は再発防止のため、すべての職員にセクハラ防止のための研修を行うことにしたということで、経営課の北川久和課長は、「不祥事が発生し県民に深くおわびします。今後は全職員の綱紀粛正と服務規律を徹底し、信頼回復に努めます」と謝罪しました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県職員セクハラ行為で減給処分。滋賀県庁」  2017年7月15日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無免許で運転繰り返すす警官... | トップ | 警察官を酒気帯び運転容疑で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む