消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

別府大学講師がセクハラ行為で停職3か月の懲戒処分

2017年05月03日 | 官庁の不正。汚職
別府大学講師がセクハラ行為で停職3か月の懲戒処分

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

別府大学の40代の男性講師が、大学で働く派遣会社の女性職員に対し体を触らせてほしいと言うなどのセクハラ行為をしたとして、2日付けで停職3か月の懲戒処分を受けました。

懲戒処分を受けたのは、別府大学文学部の40代の男性講師です。
大学によりますと、この男性講師は、去年3月から11月にかけてのおよそ8か月間、当時、大学の事務職として働いていた派遣会社の女性職員に対して、女性が嫌がっているにもかかわらず、体を触らせてほしいと言ったり、食事に誘ったりするなどのセクハラ行為を、繰り返し行っていたということです。
女性の申し出を受けて、大学が今年2月から調査したところ、男性講師は女性に対し、少なくとも26回はセクハラと認められる発言をしていたことが確認されたということです。
このため大学では、2日付けで男性講師を停職3か月の懲戒処分としました。
男性講師は、大学に対してセクハラ行為を認めたうえで「大変申し訳ない」と話しているということです。
一方、被害を受けた女性は、適応障害の診断を受け、今年3月に大学を辞めたということです。
別府大学の佐藤瑠威学長は「今回の件を深く反省し、再発防止に努めていきたい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「別府大講師がセクハラ行為で停職」  2017年5月3日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抱え上げない介護普及へ団体... | トップ | 今後30年以内に震度6弱以... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む