消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

東北町(青森県)の社会福祉協議会が着服を隠ぺい

2017年06月17日 | 官庁の不正。汚職
東北町(青森県)の社会福祉協議会が着服を隠ぺい

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


東北町の社会福祉協議会で職員2人の着服や着服が隠蔽されていた疑いがもたれている問題で、16日、協議会の責任者が会見を開いて陳謝したうえで、隠蔽があったことを認めました。
東北町の社会福祉協議会は16日会見を開き、松本祐次郎会長職務代理者が「町民や利用者の皆様に心から深くおわびする」と陳謝しました。
この問題は、東北町の社会福祉協議会で平成18年度からの7年間に男性職員2人が介護保険の利用料およそ390万円を着服したことが判明した上に、着服の事実が5年間にわたって隠蔽されていた疑いがもたれているものです。
特別監査を実施した県は「隠蔽しようとする考えが働いた疑いは否定できない」と指摘し、先月、責任の明確化や再発防止策の徹底を求める通知を出していました。
16日の会見で協議会側は、会長が事務局長に、着服の事実を内密に処理するよう指示していたことを明らかにし、隠蔽があったことを認めました。
そのうえで着服隠蔽の責任をとって、すでに会長は解任され、事務局長も降格されていることを明らかにしました。
一方、着服した2人について、東北町社会福祉協議会は、ことし3月に懲戒解雇の処分にしていますが、「着服を認めたうえで全額返済している」として、刑事告訴はしない方針です。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「東北町(青森県)の社会福祉協議会が着服を隠ぺい」  2017年6月16日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟地震から53年で津波避... | トップ | 獣医学部新設 専門家「特区の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む