消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

勝央町職員を虚偽文書で再逮捕。岡山

2016年12月07日 | 官庁の不正。汚職
勝央町職員を虚偽文書で再逮捕。岡山

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


うその納税証明書を作り消費者金融から融資を受けたとして勝央町の職員とその知り合いの女が逮捕された事件で、警察はこの職員が税務の担当をしていた4年前にもうその証明書を作り女が証明書を使って金融機関から1000万円あまりを借りていたなどとして2人を再逮捕しました。
再逮捕されたのは勝央町産業建設部の参事補、森本弓男容疑者(52)と勝央町黒土の雑貨店経営、三輪悦子容疑者(67)です。
2人は、森本参事補が税務を担当する部署に所属していた4年前にも三輪容疑者が税金を納めたとするうその証明書を作り津山市内の公的機関に提出して1000万円あまりを金融機関から借りていたとして虚偽有印公文書作成と行使の疑いが持たれています。
さらに税務の担当から外れた後の去年5月も、森本容疑者がうその納税証明書を作り三輪容疑者がその証明書を使って金融機関から1000万円あまりの融資を受けていたとして有印公文書偽造と行使の疑いも持たれています。
調べに対し2人は容疑を認めていて、森本参事補は「三輪容疑者からお願いされうその証明書を作った」などと供述しているということです。
2人はことし3月、うその納税証明書を作り消費者金融から融資を受けたとして有印公文書偽造と行使の罪で7日、起訴されています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「勝央町職員を虚偽文書で再逮捕。岡山」  2016年12月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先物取引の河村幹夫・元・市... | トップ | 誤申告で政務活動費を計10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む