消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「精神障害が犯罪に、との偏見」。相模原市で起きた障害者殺傷事件に関連の法律の改定案に

2017年04月25日 | 子供・おとな安全
「精神障害が犯罪に、との偏見」。相模原市で起きた障害者殺傷事件に関連の法律の改定案に

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

相模原市で起きた障害者殺傷事件を受け、措置入院から退院した患者の支援の強化などを盛り込んだ法律の改正案について障害者の団体が集会を開き「精神障害が犯罪につながるかのような印象を与え障害者への偏見を生む」などとして反対の声をあげました。

去年7月に相模原市の知的障害者施設で起きた殺傷事件では措置入院した被告が退院後に犯行に及んだことから、政府は自治体に退院した患者の支援計画の作成を義務づけ情報共有や社会復帰支援を強化する精神保健福祉法の改正案を今の国会に提出しています。
これについて全国14の障害者団体などが東京都内で集会を開き、およそ250人が参加しました。
障害者団体の佐藤聡事務局長が「精神障害によって事件が引き起こされたことを前提としているかのようで障害者への偏見を助長する」と指摘しました。
大阪の精神障害の女性は「退院後、どこに住んで何をしているか自治体に情報が引き継がれていくのは人権無視で監視されているようです」と訴えました。
集会ではさまざまな障害者団体が法案に反対を表明し、国会に働きかけていくことを確認しました。
京都から参加した精神障害の男性は「精神障害者は犯罪をすると決めつけるような法改正はやめてほしい。犯罪防止は措置入院とは別の仕組みで考えるべきだ」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「「精神障害が犯罪に、との偏見」」  2017年4月25日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜事件遺族「全力で廃案に... | トップ | 茨城県職員が1600万円着... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事