消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

1人暮らしで自宅トイレに8日間閉じ込められた女性を救出。防止対策

2010年12月17日 | 子供・おとな安全
1人暮らしで自宅トイレに8日間閉じ込められた女性を救出。防止対策

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2010年12月16日

  1節。要旨。
1人暮らしの女性が
自宅のトイレには行って、トイレのドアを閉めたら、
トイレのドアの向かい側の壁に立てかけてあった電気コタツの包装段ボール箱が床に倒れて、
トイレ・ドアと壁の間に、ぴったりに床をふさいで、
ドアが開かなくなって、女性がトイレ野中に閉じ込められて8日間後に、
偶然、ようやく助けられた。実例と対策。

  2節。実例。

閉じ込められたトイレ。暖房便座で体を温めた様子を下田さんに再現してもらった=東京都港区、田村写す
下田さんが閉じ込められたトイレ。体をくの字に曲げ、横になって眠ったという=東京都港区、田村写す
  
 東京都港区のマンションで11月、一人暮らしの女性が偶然、自宅のトイレに閉じ込められた。叫んで助けを求めても扉をたたいても気づく人はなく、入院中の母の連絡がきっかけで8日目に救出された。大都会の死角。「誰にでも起こり得る話」と危機管理の専門家は警告する。

 閉じ込められたのは下田洋子さん(63)。11月4日午前1時ごろ、寝る前にトイレに入ったとき、ドアがひとりでに閉まった。驚いてドアを開けようとしたが、びくともしない。トイレ前の廊下に立てかけた「こたつセット」の段ボール箱が倒れ、ドアと壁の間にぴったりはまってしまったのだ。

 「誰か助けて下さい。お願いします」

 ドンドンとドアをたたき、大声で何度も叫んだが反応はない。11階建てマンションの8階。一緒に暮らしていた97歳の母、雪枝さんは、間質性肺炎で10月から入院していた。「きっと誰かが叫び声を聞いて助けてくれる」。下田さんは便座に座り、夜が明けるのを待った。

 窓も時計もないトイレだったが、天井の換気扇から聞こえる建設工事の音で時間がわかった。朝8時に始まり、夕方6時に終わる。下田さんは換気扇に向かって助けを求めたが、周囲が気づいた様子はなかった。

 口にできるのは手洗い用の水だけ。着ていたのは寝間着1枚で、トイレットペーパーを足に巻いて寒さをしのいだ。叫ぶ内容を「緊急事態発生。火事になるかもしれません」と変えてみたが、効果はなかった。

 「餓死するのか」。日増しに不安が強まる。マンションの管理人は非常勤で、8階に来ることはまずない。泣きたくても、涙すら出なかった。

 最後の望みは入院中の母親。毎日欠かさず病室を訪れていたので、下田さんが急に来なくなれば、何かあったのかと不審に思って連絡してくるかもしれないと考えた。7日目の11月10日の夕方ごろ、電話が鳴った。母親が前日、連絡を取るよう看護師に頼んでいたのだ。

閉じ込められたトイレ。暖房便座で体を温めた様子を下田さんに再現してもらった=東京都港区、田村写す
下田さんが閉じ込められたトイレ。体をくの字に曲げ、横になって眠ったという=東京都港区、田村写す
  
 電話は夜中も鳴り続けた。翌11日、病院から通報を受けた三田署員らが下田さん宅に到着。午後4時ごろ、無事に救出された。「助かった!」。初めて涙が出た。下田さんをトイレで見つけた署員らも驚いた様子だったという。

 母親の容体はその直後に急変した。病院に駆けつけた下田さんが「私は大丈夫。がんばって」と手を握ったが、同日午後6時ごろに亡くなった。「寿命を早めることで私を助けてくれたのでしょうか」と下田さんは振り返る。

 1階の郵便受けに新聞が山ほどたまっていた。隣の部屋に住む夫婦は「全く気づかなかった」と語った。「一人暮らしとはこういうことか」。下田さんはつくづく感じたという。

  3節。対策。
 自宅でトイレや風呂などに閉じ込められるケースは少なくない。

どちらも1人で入り、携帯電話を持っていかない場所。
倒れた物がドアをふさいだり、
取っ手が取れて開けられなくなったりする

例が多いという。
危機管理教育研究所代表の国崎信江さんは
「高齢者に限らず、一人暮らしの誰にでも起こり得る」と注意を呼びかける。

 マンションの場合、トイレや風呂に窓がないことが多く、助けも呼びづらい。
周囲に物を置くときに「もし倒れたらどうなるか想像してみることが大切」という。

 家族や友人、同僚など常に安否確認をし合う相手を見つけておくことも大事だ。
「もし2日間、連絡が取れなければ、必ず家に来て」などと事前に約束しておく。

いざという時のため、トイレに笛を置くのも効果がある。
人間の声は意外と届かないからだ。

 国崎さんは「閉じ込め防止策として、
そもそもトイレのドアは閉めない方がいい。不作法なようだが、どうせ一人暮らしなのだから」と話す。(田村剛)

  4節。 対策、(追加)

(このブログの次の記事の1節を転記。

「トイレドア故障で脱出試み、3階窓から小学4年生が転落し、大けが。青森。対策」
2016年06月25日
  クリック 


  対策1。 (
生徒が、個室の窓を開けて、大声で、
「助けて!4階のトイレの中に閉じ込められています!」
を、繰り返し、叫ぶ、手もある。
(1時間でも、休みなく、繰り返し、続ける。2階や3階の、個室の窓から飛び降りると、大ケガや死ぬぬことを考えると、安全な方法です)

  対策2。 ドアに、体当たりする。または、足で強く蹴る。
トイレのドアは、たいてい、外開き(個室の外側に開く扉)が、多いから、大人が体当たりしたら、ノブ(取っ手)の「建物に差し込んでいる金具」が壊れて、扉が開いて、外に出ることができることが多い。
大学の化学系の実験をする教授が言っていた話。
化学系の実験では、実験中に爆発することがあるので、その兆候があるときは、すぐにそばのドアに体当たりして、外(廊下)に出て逃げるそうです。
そのために、化学系の実験室のドアは、外開き(外側に開く扉)に、ドアを取り付けるのが、常識です。
うち開きのドアは、体当たりしても壊れにくいので。

  対策3。 ドアの取っ手の心棒に、タオルの糸を巻き付けて、それを手でつかんで、まわす。
実例。 京都市に本社がある有名な女性下着専門メーカー社長が、アメリカのニューヨーク(?)の古い建物の有名ホテルに泊まった時に、浴室で体を洗って、浴室の外に出ようと、ドアのノブ(取っ手)を回しかけたら、浴室側の握る部分が はずれてきて、浴室の外に出られなくなった。ノブ(取っ手)の「浴室側の握る部分」と「外側の握る部分」を結ぶ、金属製の細い心棒は浴室側にも残っていたが、心棒は手でつかんで回せる太さではなかった。
(昔、軍隊で、臨機応変に、いろいろな危機脱出方法の経験を積んでいたので、連想能力を働かせて)
浴室内のバスタオルの糸を、1本ずつ、たくさん、引き抜いて、心棒に巻き付けることを繰り返して、太くなってから、それを手で握って、ゆっくり回したら、カチッと音がして、「取っ手側の突起部分」が「建物側の、へこんだ穴」からはずれて、浴室ドアが開いて、無事、浴室の外に出ることができた。
(上前淳一郎・著「読むクスリ」シリーズ(文春文庫)に、書いてあった話。文春文庫は、全37巻あって、どの巻か、は忘れた。点訳指導と校正をしているので、全37巻を読むことになった)

  対策4。 非常ベルが鳴る押しボタンをつける。(前もっての対策)
この学校の場合、異常があったら、非常ベルが鳴る押ボタンをつける対策もある。

  対策5。 個室のドアを、あまり、丈夫すぎる板では、作らない。

  対策6。 全国の学校で、トイレの個室のドアの取っ手の金具を点検して、サビ(錆び)が見えたら、取っ手に交換する。
2節ニュースによると「児童の関係者によると、ドアノブには以前から不具合が生じており、保護者らが学校側に修繕を求めていた」のだから、その時に、「個室ドア・ノブが開かなかったら、どんな事故が予想されるか」を考えて、
さっさと、ドアのノブを交換すれば、今回の3階窓から転落事故は確実に防げた。学校の生徒安全対策に過失があった。

  対策7。 自宅のトイレや浴室のドアのノブを点検して、回すときに、渋い(少し、抵抗がある)なら、サビが見えたら交換することも、考える。


  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください。


朝日新聞 『1人暮らし、都会の死角 自宅トイレに8日間、女性救出(1/2ページ)』 2010年12月16日12時2分
 クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ATMの取り忘れた現金盗ん... | トップ | 不起訴改め起訴。判決は無罪 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誤字有り (モモコ)
2014-11-23 23:47:01
自宅トイレに8日間閉じ込められた記事だが、
3行目「自宅のトイレには行って」ではなく、「トイレに入って」の間違い!相川哲弥さんへ、
すぐ修正のこと!!
出来れば対処法を載せてください。 (なな)
2015-08-11 15:03:48
トイレのドアを閉めない、だけではなく、ドアの壊し方? も載せてほしいと思いました。

なぜなら一人暮らしの場合、バス・トイレ一緒の3点ユニットバスに住んでいる場合もあり、窓もなく完全密室になってしまうからです。1Kの場合は入浴中、ドアを開けたままでは部屋中に湿気が出てしまうため、どうしてもドアを開けたまま入浴と言うのは現実的ではないのです…。
となれば実際はドア修理代を払ってもいいから、ドアが開かなくなったとき、どうすればドアを壊すことが出来るかを知っておいた方が良いと思うのです。
金槌とかで壊せるものでしょうか。
そういうところも教えていただければと思いました。
Unknown (Unknown)
2016-01-22 16:01:39
私の場合、内側の金具がおかしくなったせいで閉じ込められました
幸いにも体当たりのみで出られましたが、以後玄関以外は必ず半開きにするよう心がけます
命には代えられませんものね
Unknown (味噌煮)
2017-01-12 12:08:00
一人暮らしで閉じ込められた時のことを考えると
思い切ってドアをガラス張りなどに取り替えるのもありかもしれませんね
それまではバッテリー残量をきちんとチェックしたスマホを必ず持ってはいるとか
家電をコードレスフォン付きにして持ってはいるとか
常に外部との連絡を取れる状態にして置くべきかも
万が一でも閉じ込められる恐怖と不安を思えば手間でも何でもないですし

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事