消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

介護保険料に「総報酬割り」導入へ。高所得者の負担増に。政府・与党

2016年10月15日 | 労働者の権利
介護保険料に「総報酬割り」導入へ。高所得者の負担増に。政府・与党

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 政府・与党は、40~64歳の介護保険料の計算方法に関し、
収入の高い大企業のサラリーマンなどの保険料負担を増やす「総報酬割り」の段階的導入に向け調整に入った。
負担増となる経済界は反対しているが、段階的に導入することで理解を求めたい考えだ。

 「総報酬割り」は収入に応じて介護保険料を決める仕組み。
現在は収入に関係なく加入者数に応じて算出している。
収入に関係なく決めるため、
所得水準が大企業より低い中小企業の会社員の負担は相対的に重くなる。
政府は、経済界に配慮して高所得の人の保険料の負担を徐々に増やす意向で、来年度にも導入したい考えだ。

 厚生労働省の試算では、全面導入した場合、

大企業の会社員らが加入する健康保険組合は
労使合計1人当たり月額平均  727円増えて  5852円  となり、1272万人の負担が増える見通しだ。

一方、
中小企業の会社員が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は
                241円減り   4043円  となり、1653万人の負担が軽減される。

【阿部亮介、小倉祥徳

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

毎日新聞  「<介護保険料>「総報酬割り」導入へ 高所得者の負担増に」  2016年10月15日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3セクター再開発ビル「ア... | トップ | 1票の格差「違憲状態」判決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む