消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

佐渡の小学校で津波避難訓練。新潟県佐渡市河原田本町 河原田小学校

2017年05月03日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
佐渡の小学校で津波避難訓練。新潟県佐渡市河原田本町 河原田小学校

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
国土地理院地図。    クリック 

その地図画像見本





  2節。ニュース。
海が近くにある佐渡市の小学校で、津波を想定した避難訓練が行われました。

佐渡市の河原田小学校は、海岸からおよそ50メートルの平地にあり海底を震源とする地震が起きた際には、津波が来るおそれがあるとして、毎年、津波を想定した避難訓練を行っています。
2日は、全校児童120人余りが参加して新潟県沖を震源とする大地震が発生し、大津波警報が出たという想定で避難訓練が行われました。
訓練では、校内放送で地震の発生が告げられると、子どもたちはすぐに机の下に入るなどして、自分の身を守る動作を確認していました。
そして、クラスごとに分かれて校庭に集まり、全員の無事を確認していました。
さらに、大津波警報も発令されたとして、子どもたちは、担任の指示に従って、およそ800メートル先の高台にある高校のグラウンドに向かって避難を始めました。
中には、避難の途中に転んでしまう子どももいましたが、10分ほどで、全員が高台にある高校に到着し、きょうの訓練を終了していました。
参加した6年生の子どもは、「疲れた。本当の津波が来たらもっともっと高いところに避難したい」と話していました。
河原田小学校の宮川秀一郎教頭は、「みんな命を守ろうと必死に走っていた。必死になる記憶が子どもたちに残ったと思う」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「佐渡の小学校で津波避難訓練。新潟」  2017年5月3日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後30年以内に震度6弱以... | トップ | 休日呼び出しの警察官が交通... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事