消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

岩手・塩飲ませ1歳児死亡、の認可外保育所。事件当日、保育士不在 開所手続きも書類不備…ずさんな実態

2017年07月14日 | 議員ホームページ一覧
岩手・塩飲ませ1歳児死亡、の認可外保育所。 事件当日、保育士不在 開所手続きも書類不備…ずさんな実態

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

 岩手県盛岡市の認可外保育所「スマイルキッズ」(閉鎖)で平成27年8月、下坂彩心(あこ)ちゃん=当時(1)=が食塩を混ぜた液体を飲まされ、塩化ナトリウム中毒で死亡した事件で、
傷害致死容疑で逮捕された元経営者、吉田直子容疑者(33)=同市北飯岡=は保育士資格がなく、
預かり保育中はいなければならない保育士が事件当日1人もいなかったこと
が12日、関係者の話で分かった。(土樋靖人)

 児童福祉法などは、認可外でも預かり保育中は、保育士資格のある者が最低1人はいなければならないと定めている。

 市によると、スマイルキッズには常勤1人、臨時2人の保育士が在籍していたが、県警によると、事件当日、保育所内には吉田容疑者と彩心ちゃんしかいなかったという。

 また、スマイルキッズの開所は27年7月1日だったが、届け出は同月13日。手続きは「1カ月以内」と定められているため問題なかったが、書類に不備があり、整った書類を受理したのは事件後の8月24日。

 しかも、翌25日に吉田容疑者から市に「保育所をやめたい」との電話があった。

市は事情を聴くため吉田容疑者と26日に会うことにしたが、連絡が取れなくなった。閉所の手続きも郵送で行われ、10月中旬になって「8月31日付の閉所」という書類が送られてきたという。

 市はこうしたずさんな実態が事件につながった可能性もあるとみて、改めて調べる方針だ。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「岩手・塩飲ませ1歳児死亡 事件当日、保育士不在 開所手続きも書類不備…ずさんな実態」  2017年7月13日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「豊胸」健康食品、月経不順... | トップ | 安倍内閣支持29.9%に急... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

議員ホームページ一覧」カテゴリの最新記事