消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

サイバー攻撃。週明け日本でも被害のおそれ。注意呼びかけ。国の専門機関が

2017年05月14日 | パソコンの使い方
サイバー攻撃。週明け日本でも被害のおそれ。注意呼びかけ。国の専門機関が

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


世界各地で大規模なサイバー攻撃が相次いでいることを受けて、
国の専門機関が14日に緊急の記者会見を開き、
企業の活動などが始まる15日以降、日本でも被害が出るおそれがあるとして十分に注意するよう呼びかけました。

パソコンのファイルを勝手に暗号化し、元に戻すために金銭を要求する「ランサムウエア」と呼ばれる「身代金要求型」のサイバー攻撃が世界各地で相次ぎ、病院で診察ができなくなるなどの被害が出ています。

これを受けて、国の情報セキュリティーの専門機関「情報処理推進機構」が14日、緊急の記者会見を開き、注意を呼びかけました。

それによりますと、
国内での被害は今のところ確認されていないということですが、
メールに添付されたファイルを開いたり、
メールにあるウェブサイトのリンクにアクセスして
感染するケースが多いことから、
企業の活動などが始まる週明けの15日以降、被害が出るおそれがあるとしています。

そのうえで、
「これまで受信したことがない公的機関からのメール」、
「請求書や議事録などを装うメール」に注意し、
添付ファイルを開かないことや、
サイバー攻撃の標的になっている「ウィンドウズ」を使っている場合は、ぜい弱性の修正プログラムを適用する
など必要な対策を早急にとるよう
呼びかけました。

この機関では、被害が明らかになった場合は、専用の窓口で相談に応じることにしています。
===================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「サイバー攻撃。週明け日本でも被害のおそれ 注意呼びかけ」  2017年5月14日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本大震災の遺構保存の保... | トップ | 仏教の浄土真宗の宗派「真宗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む