消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「茶のしずく石鹸」和解成立。治療費を含めて?安すぎ?

2016年10月19日 | 消費者保護
「茶のしずく石鹸」和解成立。治療費を含めて?安すぎ?

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

福岡県の化粧品会社が、製造・販売した「茶のしずく石鹸」を使って、アレルギーを発症したとして、兵庫県の女性17人が賠償を求めた裁判は、会社側が、およそ2980万円の和解金を支払うことで、和解が成立したことがわかりました。
福岡県の化粧品会社、『悠香』が、平成16年から平成22年の間に、製造・販売した「茶のしずく石鹸」をめぐっては、小麦アレルギーで、湿疹や呼吸困難などの症状が出たとして、平成24年以降、1000人を超える利用者が、全国の裁判所で、会社側に賠償を求める訴えを起こしました。
このうち、神戸地方裁判所姫路支部では、兵庫県西部に住む女性、17人が、あわせて1億7500万円の賠償を求めました。
原告の弁護士などによりますと、裁判所がことし8月に和解を勧告したことを受けて、協議が進められ、17日、会社側が、あわせておよそ2980万円の和解金を支払うことで、和解が成立したということです。
「茶のしずく石鹸」をめぐる集団訴訟は、大阪や京都などでも起こされ、原告全員の和解が成立したのは、近畿地方では初めてだということです。
『悠香』は、「各地の裁判所での訴訟についても、早期の和解を目指したい」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「「茶のしずく石鹸」和解成立。治療を含めて?安すぎ?」  2016年10月17日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2市議が、飲食店での会議に... | トップ | TPPで“食の安全”懸念に、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む