消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

岡山市の池田動物園近くの住宅地周辺急斜面が、急斜面(がけ)崩れを防ぐ低木がに枯れて、がけ崩れの恐れ

2017年07月13日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
岡山市の池田動物園近くの住宅地周辺急斜面が、急斜面(がけ)崩れを防ぐ低木がに枯れて、がけ崩れの恐れ。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。 

つぎんおk記事で、
おかやましない中心部の急傾斜ががけ崩れを防ぐ高慈雨をしてあることを紹介した。

ところが、数日前の言ってみたら、
そのために植えた低木
「庭漆(にわうるし)」「山漆(ヤマウルシ)」「ナナカマド」のどれか
の40本前後が、引き抜かれていた。

工事をした岡山県庁?岡山市役所?国土交通省?の、どれか
が、住民によく、説明していないのが、原因の一つです。

もう一つは、近所の住民が、誰も、「何のために低木を植えたか?」を知らないらしく、
去年、その近くの人に、聞いたら、
「ムシが、わいて、困っているので」と言っていた。

今回のような九州北部の洪水・大災害のニュースのような、大雨が降り続くと、がけ崩れが起きて、がけの上の4件が

次の地図2の上橋の、赤色と 緑色折れ線で囲んだ範囲が、
低木を植えて、住民が引き抜いたらしい範囲です。

緑色の範囲は、草が生えているのを刈って、大雨が降ると、がけが崩れる恐れが強い。

  地図1。





  地図2。





このブログの関連記事
「土石流(ガケくずれ)災害対策の良い例と悪い例」
2013年02月17日
  クリック 2017年01月22日
  クリック http://blog.goo.ne.jp/jp280/e/0969fa004e47370cc64e346fc9d175ad



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 獣害にLED活用の新装置で... | トップ | 中学生が救急救命法講習。広... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事