消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

黒部で津波避難訓練 灯台へ避難。富山県黒部市

2017年06月18日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
黒部で津波避難訓練 灯台へ避難。富山県黒部市

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。 相川の意見。
国土地理院地図。    クリック 

  2節。 ニュース。
18日、黒部市で地震による津波が発生したことを想定した避難訓練が行われ、海岸沿いに住む住民たちが灯台を一時避難場所に定めて訓練を行いました。
訓練は、黒部市の海岸沿いにある生地地区の自主防災会が行い、呉羽山断層帯を震源とする地震が発生し、最大で高さ3.5メートルの津波が発生するおそれがあるという想定で行われました。
午前8時に市が防災無線やラジオで避難するよう呼びかけると、住民たちが次々と外に出て、学校など地区ごとに決められた避難場所に向かいました。
このうち、特に海岸に近い芦崎地区では、初めて生地鼻灯台を一時的な避難場所に指定し、住民約30人が5分以内に集まりました。
灯台は高さ30メートルほどあり、普段は中に立ち入ることが禁止されていますが、18日は特別に開けられ、住民たちは階段を使って最上階まで昇って安全を確保していました。
芦崎地区にはこの灯台のほかに高い建物がなく、住民から灯台を避難場所として使いたいという要望が出されているということで、黒部市は今後、灯台を管理する海上保安部と協定を結び、利用できるようにしていきたいとしています。
参加した69歳の女性は「これまでは避難するのに時間がかかりましたが、灯台は近いですし高さもあるので安心です」と話していました。
===================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「黒部で津波避難訓練 灯台へ避難。富山県黒部市」  2017年6月18日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違法な時間外労働 岡山県内... | トップ | 獣医学部新設 今後の焦点は。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む