消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

違法な時間外労働 岡山県内では。36協定に定めたを超えた残業時間。1か月に時間外労働220時間の例

2017年06月18日 | 労働者の権利
違法な時間外労働 岡山県内では。36協定に定めたを超えた残業時間。1か月に時間外労働220時間の例。厚労省の岡山労働局調査

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

違法な時間外労働が全国的に問題になる中、岡山労働局が去年1年間に行った県内の事業所への立ち入り調査でも
労働時間に関する違反が524件にのぼり、労働局では指導監督を徹底するとしています。
岡山労働局が、去年1年間に、問題があると疑われる事業所、およそ2300か所に立ち入り調査を行った結果、
なんらかの法律違反が確認された件数は1656件でした。

違反の種類では、経営側と労働者側で結んでいる協定、いわゆる「36協定」で定めた時間を超えて働かせるなど、労働時間に関する違反が524件と最も多くなりました。
この中には、月100時間などのいわゆる過労死ラインを大幅に超える残業時間である1か月に220時間もの時間外労働をさせているケースもあったということです。
違反の種類で次に多かったのが、時間外労働や深夜労働をさせているのに法律で定められた割増賃金を支払っていないなどの割増賃金に関する違反で394件でした。
岡山労働局は、「一部の業種では人手不足から違法な長時間労働などにつながっているケースもあり指導監督を徹底していきたい」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「違法な時間外労働 県内では…。岡山」  2017年6月18日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣の支持率 36% ... | トップ | 黒部で津波避難訓練 灯台へ避... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む