消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

県議会 政活費情報公開へ検討。石川県議会。領収書をネット公開しないと、公開効果は、ない

2016年10月19日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
県議会 政活費情報公開へ検討。石川県議会。領収書をネット公開しないと、公開効果は、ない

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

石川県議会の改革推進会議が開かれ、県内でも政務活動費の使い方をめぐる問題が相次いでいることを受けて、▽収支報告書をインターネット上で公開することや、▽領収書を図書室で閲覧できるようにすることを検討していくことになりました。
政務活動費の使い方をめぐる問題が県内でも相次いでいることを受けて、県議会は19日、改革推進会議を開きました。
会議では、自民党の会派から政務活動費の透明性を高めるため、来年から、▼収支報告書をインターネット上で公開することや、▼政務活動費を何に使ったか詳細にわかる領収書を情報公開請求なしで、議会の図書室で閲覧できるようにすることが、提案されました。
これに対して、ほかの会派からは、▼議員の個人情報の問題があるので、会派に持ち帰って検討したいといった意見や、▼領収書についても、インターネット上での公開を検討すべきではないかといった意見が出されました。
このほか、19日の会議では政務活動費を使うことができる基準を示したマニュアルを見直すことも提案され、小委員会を設置して議論することになりました。
県議会の改革推進会議では、今後、各会派の意見集約やマニュアルを見直す小委員会の議論を踏まえた上で、次の会議を、来月中旬をめどに開きたいとしています。
改革推進会議の下沢佳充会長は「県民の理解を得られるようにスピード感をもって決めていきたい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県議会 政活費情報公開へ検討。石川県議会」  2016年10月19日
  クリック 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党が、総裁任期を延長へ... | トップ | 押し入った民家で駐在さんと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む