消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

大地震などの際、避難者が建物の出入り口への殺到を回避する「平泳ぎ避難」の検証実験

2018年01月15日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
大地震などの際、避難者が建物の出入り口への殺到を回避する「平泳ぎ避難」の検証実験

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

平泳ぎのように手を動かしながら避難する職員ら





 大地震などの際、避難者が建物の出入り口に殺到して混乱するのを避ける「平泳ぎ避難」の検証実験が13日、三重県鈴鹿市飯野寺家町の市消防本部で行われた。

 平泳ぎ避難は、東京大学の西成活裕教授(渋滞学)の理論をヒントに同本部職員が考案。非常時は避難口に人が押し寄せ、パニックになる危険があるが、平泳ぎ避難では、水泳の平泳ぎのように手を動かして互いの間隔を確保しながら避難する。先月には市文化会館でコンサートの最中に地震が起きたとの想定で初めて平泳ぎ避難を試行していた。

 この日は、職員約110人が検証実験に参加。コンサートの立ち見席や満員電車、地下街などからの避難を想定し、通常の避難と平泳ぎ避難に分かれて避難口の混雑状況をビデオ撮影したり、避難に要する時間を計測したりした。

 その結果、通常の避難では、避難口に人が殺到して体の自由を奪われたが、平泳ぎ避難では、大きな混乱もなく避難が行われた。中央消防署西分署の兼丸拓己司令補(41)は「通常の避難では押しくらまんじゅう状態で、心理的にも恐怖感を感じたが、平泳ぎだと空間ができて安全だと実感できた」と話した。中西貞徳消防長は「職員が経験することに意義がある」と述べ、検証結果を論文にまとめて公表する考えを示した。
==========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

読売新聞  「出入り口への殺到回避「平泳ぎ避難」の検証実験」  2018年1月14日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療的ケア児急増、制度追い... | トップ | 過労死ラインの2倍 医師の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事