消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

兵庫県三木市長 虚偽説明と辞職表明。条例に違反して市の工事を受注する利害関係者と会食し、うその説明

2017年05月15日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
兵庫県三木市長 虚偽説明と辞職表明。条例に違反して市の工事を受注する利害関係者と会食し、うその説明

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

兵庫県三木市の藪本市長が、おととし、条例に違反して市の工事を受注する利害関係者と会食し、その経緯についてうその説明をしていたとして、辞職することを表明しました。
一方で、藪本市長は、これまで取り組んできた街づくりをやり遂げたいとして、自らの辞職に伴う市長選挙に立候補する意向をあわせて示しました。
辞職を表明したのは、兵庫県三木市の藪本吉秀市長です。
会見によりますと、藪本市長はおととし11月、市の倫理条例に反して、市の幹部9人とともに、工事を受注する利害関係者と会食しました。
これについて、藪本市長は、市長と副市長以外の幹部は、事前に利害関係者が出席することを知らなかったと説明していましたが、実際には、全員が知っていたということです。
その上で、藪本市長は、「組織を守ろうとするわたしの意識が強すぎて、虚偽の説明を繰り返してしまった。真相を明らかにするまで遅きに失してしまい、大変申し訳ない」と陳謝し、市長を辞職することを表明しました。
一方で、藪本市長は、「これまで取り組んできた街づくりをやり遂げたい」と述べ、自らの辞職に伴う市長選挙に立候補する意向をあわせて示しました。
藪本市長は58歳。
兵庫県職員などを経て、平成18年の三木市長選挙で初当選し、現在、3期目を務めています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「兵庫県三木市長 虚偽説明と辞職表明。」  2017年5月15日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本海側の津波想定を 兵庫県... | トップ | 保育施設の待機児童。静岡県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む