消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

県議交通費など実費支給の見通し。香川県議会

2017年03月15日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
県議交通費など実費支給の見通し。香川県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


県議会議員に、本会議などが開かれる際、交通費などとして支給される「応招(おうしょう)旅費」について、距離に応じて一定の金額を支払うこれまでの方法を改め、来月からは実費で支払う見通しとなりました。
年間の支給総額はおよそ3200万円から4分の1に減ると見込まれるということです。
「応招旅費」は、県議会議員に本会議や委員会が開かれる際に支給される交通費などで、香川県議会では議員の自宅から議会までの距離に応じて、1人1日あたり、8000円から1万2000円の定額が支給されています。
これについて15日に開かれた県議会改革検討委員会で、支給方法を改め、来月から、議員が事前に自宅から議会までの経路と交通手段を申請し、その実費を支払うことで各会派が合意しました。
議会事務局によりますと、議員全員に対する「応招旅費」の総額は、年間およそ3200万円となっていて、支給方法の変更により4分の1の年間800万円ほどに減ると見込まれるということです。
「応招旅費」を巡っては、愛媛県議会と高知県議会では距離に応じた一定の金額が支払われていますが、徳島県議会は、香川県議会と同じように来月から、実費での支給に改めるということです。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県議交通費など実費支給の見通し。香川」  2017年3月15日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”押し買い”で、訪問購入業者... | トップ | 大阪府が 森友学園問題受け ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む