消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

警察官に贈賄の罪で 有罪判決。福岡県警

2016年12月28日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警察官に贈賄の罪で 有罪判決。福岡県警

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

4年前、捜査情報を教えてもらう見返りに警察官に賄賂を渡した罪に問われ、
1審で無罪とされた2人の被告のやり直しの裁判で、
福岡地方裁判所は、「収賄側の供述調書は信用できる」などとして、執行猶予のついた懲役1年の判決を言い渡しました。

いずれも福岡市の梶原勇樹被告(35)と梅崎高洋被告(36)は、4年前、捜査情報を教えてもらう見返りに、
当時、東警察署の薬物銃器係長だった元警部補に現金10万円を渡したとして、贈賄の罪に問われました。

1審では無罪とされましたが、
2審の福岡高等裁判所が、
「収賄の事実を認めた元警部補の供述調書を証拠として採用すべきだ」として、1審判決を取り消し裁判のやり直しを命じていました。

27日の判決で、福岡地方裁判所の松藤和博裁判長は、「元警部補の供述調書は、現金を受け取ってから5か月の記憶が鮮明な時期に作られ、内容も具体的で信用できる。被告らは、警察官の職務の公正と社会の信頼を大きく傷つけた」と述べました。
その一方で、「事件は、元警部補が積極的に2人に情報提供したものだ」と指摘し、懲役1年、執行猶予3年を言い渡しました。
元警部補には、懲役2年6か月、執行猶予5年の判決が確定しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「警察官に贈賄の罪 有罪判決。福岡」  2016年12月27日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇高航路(J高松港・香川県~... | トップ | 刑務作業中に看守部長から暴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事