消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

政務活動費データ140円に見直しへ。岐阜県議会

2017年04月21日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
政務活動費データ140円に見直しへ。岐阜県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

岐阜県議会は政務活動費の領収書などの電子データを市民に提供する費用について、全国でも突出して高かった12万円余りを、ことし公開する分から140円に見直すことになりました。
NHKが平成27年度分の政務活動費について、収支報告書や領収書のデータをCDやDVDで市民に提供している全国13の地方議会を対象に費用を調べたところ、12の議会では30円から200円でしたが、岐阜県議会だけは全国で突出して高い12万円余りでした。
これについて、議会事務局は請求を受けるたびに政務活動費関連の書類、約1万2000枚をスキャンする必要があり、1枚10円で算定したと説明していました。
しかし、ことし公開する平成28年度分からは請求のあるなしに関わらず、あらかじめ、すべての書類を電子化し、CDやDVDで提供する場合は、実費のみの負担を求めることを決めました。
平成28年度分についてはデータがDVD1枚におさまった場合、140円になる見通しで、ことし6月末から公開されます。
電子データの提供を巡っては、岐阜県議会に対し、「12万円は高すぎる」といった批判が寄せられていました。
岐阜県議会事務局の佐々木信英局長は「事務処理の効率化を図ろうと作業を見直した結果、費用も大幅に削減されることになった」と話しています。
平成27年度分については引き続き、12万円余りのままだとしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「政活費データ140円に見直しへ。岐阜県議会」  2017年4月20日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察官6人賭博容疑で書類送... | トップ | 政務調査費訴訟で123万円... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む