消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

日本海側の津波想定を 兵庫県が見直し。豊岡市などで最大で3メートル。国の予想でプラス4メートルも

2017年05月15日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
日本海側の津波想定を 兵庫県が見直し。豊岡市などで最大で3メートル。国の予想でプラス4メートルも

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

兵庫県は、日本海側を震源とする地震でどの程度の津波が押し寄せ、浸水が生じるか、想定を見直すことを決めました。
兵庫県は、平成12年に日本海側でマグニチュード7.4の地震が起きた場合、豊岡市などで最大で3メートル近い津波が押し寄せるなどとした想定を公表しています。
しかし、国が3年前に公表した想定では、予想される津波の高さがところによって4メートル以上、県の想定を上回ったということです。
このため県は、海底の地形調査など最新の研究をもとに、津波の想定を見直すことにしたものです。
これまでの想定は、沿岸地域を200メートル四方で区切ってまとめていましたが、見直しでは10メートル四方に細分化し、より詳細な想定にするとしています。
これについて井戸知事は、「南海トラフの巨大地震が予想される瀬戸内海側よりも津波発生の危険性は低いが、万一に備えて見直すことにした。見直し作業は速やかに終わらせたい」としています。
県は、今年度中にも見直しを終え、県内の各自治体の避難計画などに反映できるようにしたいとしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「日本海側の津波想定 県が見直し。兵庫県庁」  2017年5月15日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小中一貫校で津波避難訓練。... | トップ | 兵庫県三木市長 虚偽説明と辞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む