消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

サイバー攻撃。鳥取県庁が対策強化へ。「県庁内のネットワーク」を「外部インターネット」と完全に分離

2017年05月18日 | パソコンの使い方
サイバー攻撃。鳥取県庁が対策強化へ。「県庁内のネットワーク」を「外部インターネット」と完全に分離

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

世界各地でコンピューターウイルスを使った大規模なサイバー攻撃の被害が広がるなか、
県は
「行政情報を取り扱う県庁内のネットワーク」を、
「外部のインターネット」と
完全に分離するセキュリティ対策を行う方針を明らかにしました。

サイバー攻撃をめぐっては、先週末から、コンピューターウイルスを使った攻撃が世界各地で相次ぎ、国内でも大手電機メーカーのシステムの一部に障害が出るなどの被害が確認されています。
この問題について平井知事は18日に開かれた定例の記者会見のなかで、
「県もサイバーセキュリティ会社から連絡があって対策を強化したところで、今のところ被害がないことを確認している」と述べました。

そのうえで、こうした被害を受けないよう対策を強化していく方針を示しました。
具体的には
「行政情報を取り扱う県庁内のネットワーク」と、「外部のインターネット」とを、今月21日から、完全に分離させるということです。

インターネットで情報収集などを行う際には、
職員のパソコンからは直接行わず
「仮想化」と呼ばれる技術を使って、いったん、パソコンから外部とつながるサーバーを操作し
そのサーバー上の画面だけをパソコン画面で表示する
ということです。
また、教職員が使っているネットワークについても県教育委員会がことし秋ごろをめどに、インターネットとの接続を完全に分離させるということです。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「サイバー攻撃 県が対策強化へ。鳥取県庁」  2017年5月18日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急事業の砂防ダム すべて完... | トップ | 鹿児島湾直下地震想定し防災... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む