消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

伊香保温泉のホテルで火事。群馬県。原因と対策

2017年05月05日 | 子供・おとな安全
伊香保温泉のホテルで火事。群馬県。原因と対策

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
2節ニュースでは、
「火が出たのはふだんからこの会長が使っている部屋で、警察によりますと、当時、部屋の中ではキャンドルを作る作業が行われていた」
とあるから、労を日に当てるなどして溶かして、型に流し込む作業をしていて、その蝋(ろうそくの原料)に、熱源によって発火して燃え上がったのが出火原因のような気がする。
「キャンドルを作る作業」をホテルの建物の外の場所で作る作業を、したら、防げた家事のような気がする。

  2節。 ニュース。
4日未明、群馬県渋川市の伊香保温泉のホテルで部屋の内部が焼ける火事があり、このホテルの会長を務める男性がやけどをして病院に搬送されました。

4日午前1時45分ごろ、群馬県渋川市の伊香保温泉にあるホテル「いかほ秀水園」で火事が起きたと従業員から消防に通報がありました。
消防と警察によりますと、火が出たのはホテルの3階にある部屋で、火はおよそ1時間後に消し止められました。
この火事で、ホテルの会長を務める70代の男性がやけどを負い病院に運ばれ、消防によりますと意識はある状態で搬送されたということです。
当時、ホテルにはおよそ70人が宿泊していましたが、宿泊客は一時ホテルの外に避難し騒然としたということです。
火が出たのはふだんからこの会長が使っている部屋で、警察によりますと、当時、部屋の中ではキャンドルを作る作業が行われていたということで、警察と消防で詳しい状況を調べています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「伊香保温泉のホテルで火事。群馬県」  2017年5月5日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「長時間労働で鬱(ウツ)に... | トップ | 紀伊水道南部の津波予測を公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事