消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」。愛媛県今治市。学生定員多すぎる。教員は若手と高齢が多すぎ

2017年05月16日 | 子供・おとな安全
文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」。愛媛県今治市。学生定員多すぎる。教員は若手と高齢が多すぎ

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


大学の学部の新設を審査している文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に設置が予定されている獣医学部について、定員や教員の態勢などに課題があるとする報告を取りまとめました。

文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に岡山理科大学が新設する方針の獣医学部について、「実際に設置を認めるかどうか」先月から審査を行っていますが、このほど報告をまとめました。

この中で、
大学が申請した160人という定員については、
「全国に16ある獣医学部の中で最も多く、本当に研修が行えるのか」や、
「予定されている設備と比べて多すぎる」
などと指摘しています。

教員の態勢などについても、「大学を卒業したばかりの若手」や「65歳以上の教授」の比率が高いなどと、懸念が示されました。

この学部はことし1月、規制緩和によって今治市に設置する方針が決まりましたが、
選考の途中だった去年9月下旬、
内閣府の担当者が、文部科学省側に対し
「今治市に設置することを前提にスケジュールを作るよう求めたやり取り」が文書で残されています。

審議会は、こうしたいきさつや報告で取りまとめた課題を確認するため、来月上旬に現地視察を行うことにしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」と報告」  2017年5月16日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収賄事件受け入札制度改革へ... | トップ | 沼津信金元係長を業務上横領... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む