消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

バスが信号機に衝突。3人軽傷。運転手が事故直前に立ちくらみ?運転開始前の点呼で健康状態に特に問題無し

2017年06月30日 | 子供・おとな安全
バスが信号機に衝突。3人軽傷。運転手が事故直前に立ちくらみ?運転開始前の点呼で健康状態に特に問題無し

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


30日朝、越前市で路線バスが信号機の柱に衝突し乗客3人が軽いケガをしました。
30日午前8時すぎ、越前市のJR武生駅近くの県道で福井鉄道の路線バスが反対車線に飛び出し、歩道の縁石を乗り越えて信号機の柱に衝突しました。
バスには乗客4人が乗っていてこのうち3人が軽いケガをしました。
当時の状況について現場近くに住む84歳の男性は、「家の中でテレビを見ていたときにドンという大きな音がして驚いた。外に出てバスを見ると運転手が上体を倒してハンドルにもたれかかっていた」と話していました。
また、近くで商店を経営する65歳の男性は、「道路脇にはガラス張りの店が多いので、バスが突っ込んでいたらと思うとおそろしい」と話していましたバスの60歳のこの事故で、運転手にケガはありませんでしたが、事故のあと、意識がもうろうとした状態で病院に運ばれました。
福井運輸支局によりますと、バスの出発前には運転管理者などが運転手に対して点呼を行い、アルコールチェックや体調を確認することなどが道路運送法に基づく規則で定められています。
これについてバスを運行している福井鉄道は、運転手に対する運転開始前の点呼では健康状態に特に問題はなく、去年12月の健康診断の結果も「通常の勤務は可能」となっていたとしています。
警察が事故の後、病院で運転手の診療にあたった医師に話を聞いたところ、病気や脳波の異常などは見つからず、事故直前に立ちくらみに似た症状が起きた可能性があるということです。
警察で引き続き事故の原因を調べています。
===============================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「バスが信号機に衝突。3人軽傷。」  2017年6月30日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岐阜県議会 政務活動費。返... | トップ | 放射線の被ばく(被爆)事故... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む