消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

新潟市職員270万着服で懲戒免。窓口業務で受け取った手数料

2017年06月14日 | 官庁の不正。汚職
新潟市職員270万着服で懲戒免。窓口業務で受け取った手数料

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


新潟市の56歳の男性職員が、窓口業務で受け取った手数料合わせて270万円余りを着服していたとして、新潟市は、13日付けでこの職員を懲戒免職処分にしました。

処分を受けたのは新潟市の東区役所建設課に勤務していた小出義則主査(56)です。
新潟市によりますと小出主査は、ことし3月までの1年半にわたり担当していた建物を建てる際に必要な許可証を発行する手続きを行った際、合わせて274万円余りの手数料を着服していたということです。
帳簿上、受け取っているはずの金額と、会計システムの金額が一致しないことから発覚したということです。
小出主査は、市の聞き取り調査に対し着服を認めたうえで「ストレスを感じて衝動的に金がほしくなった。金は飲食などの遊興費に使った」と話しているということです。
新潟市は、警察に被害届を出すとともに、13日付けで小出主査を懲戒免職処分にしました。
新潟市は「市に対する信頼を著しく損なう結果で、深くおわび申し上げます。組織をあげていっそうの綱紀粛正に取り組んで参ります」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「新潟市職員270万着服で懲戒免。」  2017年6月12日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通勤中に死亡の男性 過労死認... | トップ | 「テロ等準備罪」新設法案に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む