消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

産廃処理が予断許さず。香川。豊島に大量に不法投棄された産業廃棄物が、これまでの想定より2千トン増えた

2016年10月15日 | 子供・おとな安全
産廃処理が予断許さず。香川。豊島に大量に不法投棄された産業廃棄物が、これまでの想定より2千トン増えた

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

香川県の浜田知事は、14日開かれた県議会で豊島(てしま)に大量に不法投棄された産業廃棄物が、これまでの想定より2000トン増えたことを明らかにし、来年3月までが期限となっている処理の完了について「まったく予断を許さない極めて厳しい状況になった」と述べました。
これは14日、最終日を迎えた香川県の9月定例県議会の冒頭で
浜田知事が明らかにしました。

それによりますと、県が豊島で、ことし7月までに行った調査で、想定を超える廃棄物が見つかったことから、10月1日までに改めてレーザーを使った詳細な測量を行ったところ、廃棄物の量は7月の時点より、さらに2000トン多いことがわかったということです。
浜田知事は、廃棄物の処理が完了するのは来年3月末になる見通しを示し、「年度末までの処理完了は、まったく予断を許さない極めて厳しい状況となった。今後、処理期間を短縮するため、どのような取り組みができるか懸命に検討してまいりたい」と述べました。

その上で浜田知事は、場合によっては中間処理施設のある直島で、廃棄物の一時保管を行う必要もあるという考えを示しました。

また、きょうの県議会では、小豆島の医療支援などを盛り込んだ
一般会計の総額で76億円余りの補正予算案を含む13の議案を可決し、閉会しました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「産廃処理「予断許さず」。香川」  2016年10月14日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護施設職員が、 デイサービ... | トップ | 市議公務の海外視察今後自費... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む