消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

大阪市の23区の区長が、温泉、試食に招待なのに公務出張。給料返還へ

2010年09月04日 | 市民意見を議会に反映
大阪市の23区の区長が、温泉、試食に招待なのに公務出張。給料返還へ。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280 2010年9月3日。

 大阪市の全24区のうち、旭区を除く23区の歴代区長が
2007年度からの3年間に、少なくとも124回にわたり、地域団体の招待旅行に参加しながら、公務の出張扱いにしていたことが
9月3日、大阪市公正職務審査委員会(委員長=播磨政明・弁護士)の調査でわかった。

 審査委は、
退職者を含む参加区長の旅行時の給与返還を求めるよう
大阪市に勧告した。大阪市側は応じる考えで、さらに2005年度にさかのぼって調査する。

 審査委によると、
区長は、地元の地域振興会や女性団体協議会などの招待を受け、
日帰りや宿泊で「研修旅行」に参加。
自ら出張扱いとし、1件あたり数万円程度の旅費は団体側に負担させていた。

 旅行の行程表には、
山代温泉(石川県)での宿泊や
白川郷(岐阜県)合掌造り集落の散策、
高山ラーメンの試食、「水木しげる記念館」(鳥取県)見学
などの観光地巡りが多く、
審査委は「公務として合理的な必要性が認められない」と指摘。区長の裁量権を逸脱し、地方自治法に反すると判断した。

大阪市の補助金を受けている団体が招待して旅費負担しているなら、補助金を区長が受け取っている疑いありと、言っている。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください。


読売新聞 『温泉、試食にゲゲゲ…招待なのに公務出張とは』 2010年9月3日
 クリック 
大阪市役所ホームページのの、『9月3日公表の報道発表資料。大阪市公正職務審査委員会による勧告について(情報公開室)』
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大阪市役所 地方自治法 水木しげる記念館 高山ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 視覚障害者の預金カードで3万円... | トップ | 大阪市立高校の平行棒事故で後遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む