消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

倉敷踏切事故 運転士を書類送検。岡山県倉敷市船穂町船穂のJR山陽本線踏切でトラックと電車が衝突した事故

2017年09月15日 | 子供・おとな安全
倉敷踏切事故 運転士を書類送検。岡山県倉敷市船穂町船穂のJR山陽本線踏切でトラックと電車が衝突した事故

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


  1節。 相川の意見。
2節ニュースの
警察捜査によると、この事故の原因の一つは
JR西日本の電車運転士が、景気や時刻表を見ることに気を取られて
進行方向前方の「踏切の非常ボタンが押された時の、点滅回転式赤色信号機をよく見ていなかった、
進行方向前方の踏切に自動車などの障害物が立ち往生したりしていないかを注意してみていなかった
と、判断した。
倉敷市の倉敷駅そばの寿町踏切で、踏切を渡る途中の自転車の高齢女性を死なせた踏切事故と、共通点が多い。

以前のニュースでは、トラックの運転手は、駆けつけた警官に現行犯逮捕されたが、トラックの運転手が、エンジンは動いているのに車輪は回転していないことを指摘したら釈放された、と書いてあったが、
今回の2節ニュースではトラック運転手にも、責任がある、警察判断。

このブログの関連記事
「車とトラック衝突18人けが。岡山県倉敷市のJR山陽線の踏切で
2015年02月13日
  クリック 

「倉敷市(岡山県)船穂のJR山陽線の踏切でトラックに電車が衝突した事故。続。再発防止対策
2015年02月22日
  クリック 

「尼崎脱線事故10年>風化を感じる遺族、再発の不安。鉄道会社の踏切事故防止対策はインチキ
2015年04月20日
  クリック 

「踏切の衝突事故を検証。岡山県倉敷市船穂朝のJR山陽線でトラックと電車が
2015年06月11日
  クリック 

「JR西日本が、倉敷市船穂町の踏切事故で対策。
2015年12月18日
  クリック 

  2節。 ニュース。
おととし、倉敷市のJR山陽線の踏切で大型トラックに電車が衝突し、乗客など45人がけがをした事故で、警察は電車の運転士が前をよく見ていなかったことが事故につながったとして、15日、業務上過失傷害などの疑いで書類送検しました。
おととし2月、倉敷市船穂町船穂にあるJR山陽線の踏切で、立往生していた大型トラックに電車が衝突した事故では、JRの調べで乗客など45人が、けがをしました。

警察によりますと、29歳の男性運転士は、踏切のおよそ260メートル手前で異常を知らせる信号に気づき、非常ブレーキをかけたものの間に合わなかったということです。
警察の調べによりますと、この踏切では、少なくとも450メートル手前でブレーキをかければ衝突を避けられたということですが、実際に、踏切にトラックと同型の車を置き電車の運転席からどう見えるかなどを調べたところ踏切のおよそ800メートル手前から先では、
トラックを目視で確認できることがわかったということです。

これまでの調べに対して運転士は、「時刻表や計器の確認に気を取られ、前方の確認を怠った」などと話しているということで、
警察は、前をよく見ていなかったことが事故につながったとして、業務上過失傷害と業務上過失往来危険の疑いで書類送検しました。

一方、警察は大型トラックの52歳の男性の運転手についても、過失運転傷害と過失往来危険の疑いで書類送検しました。

警察によりますと運転手は、「正しい復旧作業をしたが、車が動かなかった」と話しているということです。
===========================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「倉敷踏切事故 運転士を書類送検。岡山県倉敷市」  2017年9月15日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉、群馬の総菜店で販売さ... | トップ | 津山でサル出没 警戒呼びか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事