消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

保育所で津波想定し避難訓練。高知市の保育所「ふくし園」。園児の親に「牛に引かれて善光寺参り」効果も

2016年10月12日 | 東北大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
保育所で津波想定し避難訓練。高知市の保育所「ふくし園」。園児の親に「牛に引かれて善光寺参り」効果も

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。 相川の意見。
自主防災組織は、あっても、津波などの災害避難訓練は、さっぱりの地域も、ずいぶんあるそうです。
そんな地域でも、

園児は帰宅すると、両親に、その日に保育所であった出来事を全部言うから、
園児から「今日、津波避難をした」話を聞いて、両親が「親たちも津波避難訓練をしなくては」と思う効果がある。

園児の親に「牛に引かれて善光寺参り」効果も、期待できる。

  2節。 ニュース。
南海トラフ巨大地震による津波で浸水すると想定されている高知市の保育所で避難訓練が行われ、幼い子どもたちを津波から安全に避難させる手順などが確認されました。

この訓練は、南海トラフ巨大地震で、最大で高さ5メートルの津波が到達すると想定されている高知市百石町の自主防災組織が開きました。
訓練は、四国沖を震源とする巨大地震が発生し、大津波警報が出たという想定で行われ、地域の人や地元の保育所に通う子どもたちなどおよそ500人が参加しました。
地元の保育所「ふくし園」では、地震の発生を知らせる放送が流れると、子どもたちが、テーブルの下に隠れて頭を守りながら揺れがおさまるのを待ちました。
そして防災頭巾をかぶって全員で近くにある10階建ての市営住宅に向かいました。
子どもたちは、市営住宅の住民の指示に従いながら、津波が到達しない4階以上まで階段を登って避難していました。
「ふくし園」の山崎宣生理事長は「大勢の幼い子どもたちを階段で避難させるのは大変だが地域の人たちが支援してくれるので助かります」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「保育所で津波想定し避難訓練。高知市の保育所「ふくし園」  2016年10月12日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同僚の女性にストーカーで検... | トップ | 使用済みボンベ 穴開け不要に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む