消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

市立病院で長時間労働。労基署から是正勧告。神奈川県厚木市。勧告後も続ける

2017年06月09日 | 労働者の権利
市立病院で長時間労働。労基署から是正勧告。神奈川県厚木市。勧告後も続ける

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

神奈川県厚木市の市立病院で、時間外労働が3か月連続で100時間を超えるなど、事務部門の職員13人について、違法な長時間労働が確認されたとして、労働基準監督署から是正勧告を受けていたことがわかりました。

これは厚木市が9日、記者会見を開いて明らかにしたものです。
去年、厚木労働基準監督署が市内にある厚木市立病院を調査したところ、事務部門の職員13人について、今年1月までの4か間、労使協定で定められている1か月の時間外労働外の上限の45時間を超えた、長時間労働が確認されたということです。
このうち、総務課の女性については、過労死認定の目安を超え、1か月の時間労働が最大で125時間、3か月連続で100時間を超えていました。
市は「病院の建て替えなどの業務があり、特別に長時間労働が認められる」と説明したということですが、労働基準監督署は市側の主張を認めず、ことし3月是正勧告を行ったということです。
また、市は、勧告を受けたあとの先月も10人の職員について、依然として上限を超えた長時間労働が続いていたということです。
厚木市立病院病院事業局の内田晃局長は「病院としても勧告を重く受け止めている。今後は職員の労働時間を把握していきたい」と話していました。
=====================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「市立病院で長時間労働。神奈川県厚木市」  2017年6月9日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本地震前に、7割が活断層... | トップ | 不正経理で不明金は3億円以... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む