消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

三重 河川国道事務所元課長に判決。懲役2年、執行猶予3年

2017年02月22日 | 官庁の不正。汚職
三重 河川国道事務所元課長に判決。懲役2年、執行猶予3年

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

国土交通省の三重河川国道事務所の元課長がクラブなどで接待を受けた見返りに入札情報を建設会社側に漏らしたとして加重収賄などの罪に問われた裁判で、名古屋地方裁判所は21日、元課長に懲役2年、執行猶予3年、追徴金32万円余りの判決を言い渡しました。
国土交通省の三重河川国道事務所の元課長、田中春人被告(47)は、津市の川に橋を架ける公共工事をめぐって、去年、名古屋市のクラブなどで32万円余りの接待を受け、その見返りに、愛知県半田市の建設会社側に入札情報を漏らしたほか、おととし、別の2つの工事の情報も同じ会社側などに漏らしたとして加重収賄などの罪に問われました。
21日の判決で、名古屋地方裁判所の堀内満裁判長は「被告はふだん行けない店で飲食をしたいというあさましい思いで接待を受け、公務員への信頼と入札制度の公正さを害した責任は重い」と指摘しました。
一方で、「反省している」などとして、田中元課長に懲役2年、執行猶予3年、追徴金32万円余りを言い渡しました。
また、贈賄側の「瀧上工業」(たきがみ)の元営業副本部長、▼加納泰司被告(53)に懲役1年6か月、執行猶予3年、▼ほかの61歳と41歳の社員2人に懲役1年2か月、執行猶予3年をそれぞれ言い渡しました。
====================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「河川国道事務所元課長に判決。」  2017年2月21日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文部科学省の組織的な天下り... | トップ | 石川県議不適正支出23万円... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事