消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

沼津信用金庫職員が1億円余を着服。静岡

2016年10月18日 | 子供・おとな安全
沼津信用金庫職員が1億円余を着服。静岡

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

沼津信用金庫に務めていた40代の職員が、顧客の定期預金の解約金など合計1億2000万円余りを着服していたことがわかり、信用金庫はこの職員を懲戒解雇しました。
懲戒解雇されたのは沼津信用金庫の御殿場南支店の渉外係の40代の男性職員です。
沼津信用金庫によりますと男性職員は、平成22年1月から先月にかけて、満期になった定期預金を顧客の依頼を受けて掛け替える際、預金の一部を着服するなどの手口で12回にわたって約1億2300万円を着服していたということです。
ことし8月、客から定期預金について「不審な点がある」などと問い合わせがあったため、内部で調査を進めたところ先月下旬に不正が発覚したということです。
聞き取りに対して男性職員は着服を認めていて、「金は遊ぶために使った。顧客に対して申し訳なく、深く反省している」などと話しているということです。
沼津信用金庫は先月26日付けで男性職員を懲戒解雇するとともに、近く刑事告訴する準備を進めているということです。
また顧客に対しては被害額の全額を弁済する方針だということです。
沼津信用金庫の紅野正裕理事長は「今後このような事態を2度と起こさないように法令遵守と内部監査の態勢の問題点を洗い出し、再発防止や信頼回復に向けて全力で取り組みたい」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「沼津信用金庫職員1億円余着服。静岡」  2016年10月17日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校生津波サミット議長が決... | トップ | 東京都が。小池知事就任前に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む