消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

同僚の女性にストーカーで検察事務官に罰金刑の判決。停職1か月の懲戒処分。辞職。神戸地方検察庁

2016年10月12日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
同僚の女性にストーカーで検察事務官に罰金刑の判決。停職1か月の懲戒処分。辞職。神戸地方検察庁

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

神戸地方検察庁の20代の男性検察事務官が、同僚の女性にストーカー行為をしたとして、略式起訴され、裁判所は、罰金20万円を命じました。男性事務官は、停職1か月の懲戒処分を受け、すでに退職したということです。
略式起訴されたのは、神戸地方検察庁の20代の男性検察事務官です。
検察などによりますと、男性事務官は、同僚の女性に、手紙を執ように送りつけるなどのストーカー行為をしたとして、警察に書類送検され、検察は、ストーカー規制法違反の罪で、先月、略式起訴しました。
裁判所は、罰金20万円を命じたということです。
検察は、被害者の特定につながるおそれがあるとして、具体的な容疑の内容を明らかにしていません。
男性事務官は、停職1か月の懲戒処分を受け、退職したということです。
神戸地方検察庁の永幡無二雄次席検事は、「職員が処分を受けたことは、極めて遺憾であり、被害者をはじめ、国民の皆様に深くおわび申し上げる。改めて綱紀の厳正な保持を徹底するよう、努めてまいりたい」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「ストーカーで検察事務官に罰金。神戸地方検察庁」  2016年10月12日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超小型電気自動車で実験へ。... | トップ | 保育所で津波想定し避難訓練... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む