消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

元副所長に懲役2年6か月求刑。国土交通省中部地方整備局北勢国道事務所の

2017年04月21日 | 官庁の不正。汚職
元副所長に懲役2年6か月求刑。国土交通省中部地方整備局北勢国道事務所の

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280



三重県のトンネル工事の入札を巡り、建設会社の元社員から200万円分の商品券を受け取ったとして加重収賄などの罪に問われている国道事務所の元副所長の裁判で、検察は「受け取った商品券はかなり高額で、常習性がある」として懲役2年6か月、追徴金195万円を求刑しました。
国土交通省中部地方整備局北勢国道事務所の元副所長、深谷亘被告(56)は平成22年と24年、三重県紀宝町と紀北町のトンネル工事の入札をめぐり、落札できる価格などを建設会社「奥村組」の元社員に漏らした見返りに計200万円分の商品券を受け取ったとして加重収賄などの罪に問われています。
工事は中部地方整備局が発注したもので、深谷被告は当時、中部地方整備局の課長補佐でした。
19日、名古屋地方裁判所で開かれた裁判で、検察は「被告はみずから元社員に電話をして情報を漏えいし、入札の公正を大きく損ねた。受け取った商品券はかなり高額で、それ以外にも90万円分の商品券を受け取るなど、常習性があり、刑事責任は重い」として、懲役2年6か月、追徴金195万円を求刑しました。
一方、弁護士は「被告は反省している」として執行猶予の付いた判決を求めました。
判決は5月17日に言い渡される予定です。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「元副所長に懲役2年6か月求刑。」  2017年4月21日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近畿財務局。国有地取引の調... | トップ | 部活に休養日求めるチラシ作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む