消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

後見人の使い込み防ぐ預金開始へ。「後見支援預金」。静岡

2017年06月16日 | 官庁の不正。汚職
後見人の使い込み防ぐ預金開始へ。「後見支援預金」。静岡

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


県内12の信用金庫は認知症のお年寄りなどに代わって第三者が財産を管理する成年後見制度で後見人が財産を使い込む被害が相次いでいるとして来月から順次、使い込みを防ぐ預金の取り扱いを始めることになりました。
成年後見制度は認知症で判断力の衰えたお年寄りなどに代わり親族や弁護士などが財産を管理する制度で、静岡家庭裁判所によりますと県内では4600人あまりが利用しています。
ところが、後見人が財産を使い込む被害が後を絶たないことから、県内12の信用金庫では来月から、使い込みを防ぐ「後見支援預金」の取り扱いを始めることになりました。
県内の信用金庫で作る信用金庫協会によりますとこの「後見支援預金」では、日常生活に必要な資金以外の財産を信用金庫が預かり、後見人が払い戻しを受ける場合は、家庭裁判所の許可が必要になるということで、これまでのように財産の扱いを後見人に任せきりにしないのが特徴です。
同様のサービスは6年前から信託銀行で始まっていますが県内には5店舗しかなく、県内に400店舗ある信用金庫でサービスが始まればより、利用しやすくなるとしています。
県信用金庫協会によりますと、信用金庫でこうしたサービスを始めるのは静岡県が全国でも初めてだということで来月、始める沼津信用金庫から他の信用金庫にも順次、広がることになっています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「後見人の使い込み防ぐ預金開始へ。「後見支援預金」」  2017年6月16日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知事の印鑑勝手に使用した職... | トップ | 鹿大教員 セクハラで諭旨解雇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む