消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

新潟地震から53年で津波避難訓練。小学校に階段手すり必要。高齢者用に

2017年06月17日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
新潟地震から53年で津波避難訓練。小学校に階段手すり必要。高齢者用に

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


昭和39年に起きた新潟地震からちょうど53年となった16日、新潟市の小学校で地震による津波を想定した避難訓練が行われました。

昭和39年6月16日に起きた新潟地震では、最大震度5の揺れを観測して26人が死亡し、信濃川を遡上した津波や液状化で市内で住宅1万棟以上が浸水する被害が出ました。
当時の記憶を風化させないようにと、16日、新潟市の各地で避難訓練などが行われ、東区の山の下小学校では、地震が起きて大津波警報が出されたという想定で避難訓練が行われました。
地震を知らせる放送が流れると、子どもたちは一斉に机の下に身を隠しました。
その後、大津波警報が出されたという知らせを受けると、先生の誘導で子どもたちは屋上に移動し、およそ3分50秒で約220人の児童全員が避難しました。
小学6年の男の子は「友だちとしゃべらず、素早く避難することができました」と話していました。
また、山の下小学校は津波避難ビルに指定されていて、訓練には地域の住民およそ80人も参加しました。
参加者の多くは高齢者で、つえを使って階段を上がる姿も見られました。
参加した女性は「高齢者は歩くのも大変で津波が来たらここまで避難するのは難しく、近くにもっと避難できる高い建物があったほうがいいと感じました」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「新潟地震から53年で津波避難訓練。」  2017年6月16日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬県でも“過労死110番”... | トップ | 東北町(青森県)の社会福祉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事