消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

先物取引の河村幹夫・元・市場監視委員長を、告発。証券取引等監視委員会が

2016年12月07日 | 官庁の不正。汚職
先物取引の河村幹夫・元・市場監視委員長を、告発。証券取引等監視委員会が

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

東京の商品先物取引所で不正な取引を監視する委員会の元委員長が株のインサイダー取引を行い、およそ1400万円の不正な利益を得ていたとして刑事告発されました。

告発されたのは平成20年まで9年間、東京の商品先物取引所で市場取引監視委員会のトップだった河村幹夫元委員長(81)です。
証券取引等監視委員会の調べによりますと、河村元委員長はおととし10月、東京の会社がジャスダックに上場していた商品先物会社の株を公開買い付けするという内部情報を知り合いから聞き、情報が公表されるまでの間にこの株を大量に購入していたということです。
そして前日終値から8割増しの価格での公開買い付けが公表され、株価が急騰したところで、事前に購入していた株を売り抜けて、およそ1400万円の不正な利益を得たとみられています。
監視委員会は7日、金融商品取引法違反のインサイダー取引の疑いで、河村元委員長を横浜地方検察庁に告発しました。
河村元委員長は現在は東京の多摩大学の名誉教授で、シャーロック・ホームズの研究家としても知られています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「先物取引の元監視委員長を告発」  2016年12月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元・郵便局長が別の客からも... | トップ | 勝央町職員を虚偽文書で再逮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

官庁の不正。汚職」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事