消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

北広島町で水路見回りの男性不明。広島県。台風や梅雨大雨の当日に、農業用水路を見回りに行って、転落して流された疑い

2017年07月06日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
北広島町で水路見回りの男性不明。広島県。台風や梅雨大雨の当日に、農業用水路を見回りに行って、転落して流された疑い。

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


  1節。 相川の意見

  1-1節。 農家の人の場合の対策。

2節ニュースによると、
「男性は地区内の農業用水路の見回りを担当していて、5日は午前5時ごろから見回りをしていたとみられる」
「責任感が強く、きちょうめんな性格の人なので、雨の中、確認しに行ったのだと思う。」
と書いてあるが、台風や「梅雨の大雨当日」に田畑や農業用水路を見回ることは、このように用水路に滑って落ちるような事故にあう危険が高いのだから、
気象庁の天気予報の「台風や大雨の当日」に、台風や大雨の当日に、
見回り当番を決めることや、
実際に見回りをすること
は、やめて、
台風や大雨の当日にの前日に、田んぼの水を(稲の生育の妨げにならない範囲で)減らす作業を済ませておくべきです。

当日に無回りしても、できることは、ほとんどない。今回の事故の危険が増えるだけ。


  1-2節。 漁師の場合の対策。
同様に、台風や大雨の当日に、漁師が、「船を見に行く」と言って、漁港に行って、その日の晩までに帰宅しないで、翌朝に漁港の近くで死んでいるのが見つかった
というニュースも、何度か、見かけた。


この場合も、
台風や大雨の当日にの前日に、同じ漁港に船を係留している漁師仲間と声を掛け合って、台風や大雨で漁船が流されたり、ぶつかり合って、壊れたりしないよう、
ロープで固定したり、陸揚げする
などの対策を取っておくべきです。


  2節。 ニュース。
4日から5日にかけて大雨となった北広島町では、農業用水路の見回りをしていたとみられる67歳の男性が5日から行方が分からなくなっていて、警察などが捜索を行っています。
行方が分からなくなっているのは北広島町川戸の67歳の男性で、5日夜、地区の区長から「男性が自宅に戻らない」と警察に連絡がありました。
警察によりますと、
男性は地区内の農業用水路の見回りを担当していて、5日は午前5時ごろから見回りをしていたとみられるということです。

男性の自宅周辺の田んぼには、幅1メートル、深さ80センチほどの水路が張り巡らされ、近くの川につながっているということです。
警察によりますと、4日からの大雨の影響で5日は水路の水かさが大幅に増していたということで、警察などは男性が水路に流された可能性もあるとみて、捜索を行っています。
行方不明になった男性の捜索が行われた北広島町では、警察や消防団などおよそ90人が捜索に参加しました。
近くを流れる江の川で行われた捜索では、消防団員などがシャベルや「どびぐち」と呼ばれる道具を使い、河原に生い茂った草をかき分けながら男性を探していました。
行方不明になった男性の親戚にあたる河内聰さん(64)は「6日午前7時くらいから捜索にあたっている。一刻でも早く見つかることを願ってます」と話していました。
また、男性が住む地区の区長の西田文彰さん(75)は「5日に地区の大雨の被害状況を話に行こうと思い、自宅を訪ねたが留守だった。責任感が強く、きちょうめんな性格の人なので、雨の中、確認しに行ったのだと思う。早く顔が見たい」と話していました。
行方が分からなくなっている男性が住んでいた川戸地区に近い、北広島町役場大朝支所の職員によりますと、5日は未明から地面をたたきつけるような強い雨が降り続け、やむことがなかったということです。
広島県が北広島町川戸に設置した雨量計では、5日午前0時から午前1時までの間に40ミリの激しい雨が降り、その後も20ミリ以上の強い雨が降り続きました。
午前7時まで7時間に183ミリの雨が観測されています。
この大雨で、地区の各地では側溝から水が噴き出して道路が冠水したほか、川にかかっている橋が埋もれてしまうくらい水かさが上昇したということです。
大朝支所の職員は6日朝から地域のパトロールを行い、土砂崩落などが起きていないか被害状況を確認しているということです。
広島県河川課によりますと、行方不明になった男性の自宅近くを流れる江の川の水位は、男性の自宅より下流にある観測所、川井水位局で男性が見回りに出たとみられるおよそ1時間後の5日午前6時10分には4.25メートルに達しました。
これは水防団が出動する目安となる「氾濫注意水位」を超えていて、この時間帯、江の川は激しい流れになっていたということです。
=======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「北広島町で水路見回りの男性不明。広島県」  2017年7月6日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  群馬県警巡査部長が盗撮容... | トップ | パトカーが衝突事故 女性け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む