消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

パワハラ認定。会社に賠償命じる判決。医療機器販売「フクダ電子長野販売」

2017年05月19日 | 労働者の権利
パワハラ認定。会社に賠償命じる判決。医療機器販売「フクダ電子長野販売」

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

長野県松本市にある医療機器販売会社の元従業員の女性4人が、
代表取締役の男性から退職を強要されるなどパワーハラスメントを受けたと訴えた裁判で、
長野地方裁判所松本支部は男性のパワハラを認め、会社と男性に対し350万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。
この裁判は、4年前、長野県松本市の医療機器販売会社「フクダ電子長野販売」に勤めていた50代から60代の女性4人が、
代表取締役の男性から「50代はもう性格も考え方も変わらない。転勤願いを出せ」などと言われ退職を強要されるなどパワハラを受けた
として、会社と男性に対しおよそ1700万円の慰謝料などを支払うよう求めたものです。
判決で長野地方裁判所松本支部の松山昇平裁判長は「年齢だけで能力を低くみて、侮辱的な発言を繰り返した」などと指摘し、4人に対する男性の発言などをパワハラと認めました。
さらに1人に対するパワハラは、理由なく賞与を減額するなど退職を強要する目的だったと認め会社と男性に対し、慰謝料などあわせて357万円余りを支払うよう命じました。
判決についてフクダ電子長野販売は、「事実関係を確認中なのでコメントは控えたい」としています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「パワハラ認定。会社に賠償命じる判決。」  2017年5月18日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇い止め 弁護士が無料電話相... | トップ | 獣医学部を“京都産業大学は新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む